ここは私の日記帳だぞ

淫夢要素はありません。

【ネタバレ注意】ひるね姫がとっても面白かった話

どーも。見てる人いんの・・・?って思いつつブログ書いてますが日記なのでいいです。いいんです。

 

タイトルの通り昨日ひるね姫を見てきました。

f:id:sakunononononononononono:20170323204305j:plain

 

単刀直入に・・・最高でした!今まで見てきた映画の中でトップクラスだと思いますほんとに。

レビューとかだとわかんなくてつまんないって感想が多いですけどね。

 

でもこの意見もわかるんです、子供のころサマーウォーズ紅の豚とかめっちゃつまんなかったんですよ。

でも今見ると面白い。だって話を理解できてるからね。

わかんないとツマンナイのは当たり前なんですよー。

 

理解してるとめちゃくちゃ面白いです。まず普通に見て楽しめる。

中盤の大阪へ行った辺りからどんどん見入って肩に力が入っていって、そのままEDに入ったんですが

そこで流れる父と母の昔の話。名曲デイドリームビリーバー。これで、見入ってたわ・・・と安心しつつデザートのシャーベットでも食べてるような清涼感。

そんな気持ちで帰宅して、お風呂に入って思い返すんです。

あの表現はこういうことかぁ・・・!って落ち着いて思い返すともう1度楽しめる。

名作なんですよ。ほんとに。

 

 

映像がきれいだからテレビじゃなくて映画館で見てよかったねー!って思う作品は過去何度もありました。最近だとファンタスティックビーストです。

でもひるね姫はそうじゃなくて、cmの入っちゃうテレビじゃなく、映画館でノンストップで何にも邪魔されず見てほしい作品なんですよ。

 

 

 

さて、内容をざーっと説明します。感動した部分とかね。

まず前提として

もし、高速道路で運転してたら隣を無人のバイクが駆け抜けていったらどう思いますか?

私ならクッソビビります、間違いなくお化けかなんかだと思います。大半の人がこうだと思うんですよ。

でもですよ、ひるね姫を見た後の私ならこうも考えます。もしかしたら無人運転かもしれませんよ!ってね。

実際、もうそこまで来てるんです。自動運転!やっちゃえ日産。

で、何が言いたいか。お化けor自動運転。これって片方は非科学的なオカルト、UMAでありながらもう片方は最先端の科学なんです。

 

もう1つ。もし未来から来た人に「魔法で来たんだ」「タイムマシンで来たんだ」って言われたら・・・どっちもおかしくないでしょ!

最先端、未来の科学ってファンタジーなんですねぇ・・・。これが大切です。

これをなるほどなーって思えるならひるね姫見て楽しめます。

 

 

ひるね姫は夢と現実の2つの舞台で進みます。ドラクエ6みたいだね。

夢はファンタジー。現実はちょっと未来の2020年。

 

夢の世界は自動車メインの機会の国。その国のお姫様、魔法の使えるエンシェンちゃんとして主人公のココネちゃんはうろちょろするわけです。

魔法が使えるもんだからちょっと大臣に厄介者扱いされてますがまぁうん。

魔法のタブレットでパパパッと文字打って送信しちゃうとバイクがトランスフォームしちゃったりするんですねー。

犬のぬいぐるみにもパパパッと。ジョイ君って名前のしゃべる犬のぬいぐるみに。

で、このジョイ君。中の人釘宮さんです。ルイズルイズルイズうわああああん。

この作品、声優さんよりも役者さんのが出演多めです。が、全然気になりません。むしろそこがいい。

この夢の世界でしゃべるジョイ君、現実にも出てきますがただのぬいぐるみです。

夢の世界だからこそ、釘宮さんの声が夢の世界な感じ出してて・・・良い!くぎゅう。

 

 

一方現実だと岡山の倉敷でココネちゃんとモモタローっていうお父さんの2人暮らし。岡山の県北は出てきません。

モモタローがぐうかっこいいのだ。惚れる、惚れろ。

車屋さんをやってて、近所のおじいちゃんたちの車を何やら改造してあげてるみたいです。なんと自動運転。じいさんハンドルは握っとけよ!

 

ココネちゃんはJKです。やったぜ。監督曰く2回ほどパンチラがあるとか。私はわかりませんでした・・・ッ!!

のほほんと居眠りしながら学校にいるとなんとモモタロー父ちゃんが警察にしょっ引かれてしまいます。警察だ!

どーすっかなぁってお母さんのお墓に行くと・・・ジョイ君(ぬいぐるみ)にモモタローの使ってたタブレットが!

 

 

 

夢の世界には定期的に鬼っていうエヴァの使徒みたいなのが出てきます。

車をつまんでパクーっと食べちゃいます。魔法の使えるエンシェンちゃんがいるゆえの災厄らしいです。

この鬼の演出、表現が素晴らしいので、ぜひ注目して!覚えて!

 

鬼討伐のために上半身に対して下半身が貧弱なロボットのエンジンヘッド君が出撃しますが・・・鬼は魔法じゃないと倒せないんだよ!

 

お城から街を見るエンシェンちゃん、オラついたドクロの上着の兄ちゃんが鬼に銃みたいなのでタゲ取りしてるを見てその場のノリでしもべにするために街へ!

兄ちゃんの名前はピーチ。エンシェンのバイクで危機一髪、そのまま2人とジョイ君で逃走!

 

 

 

で、現実。

タブレットを取りに来た夢の大臣にそっくりなおっさんから家にあったバイクで幼馴染のモリオ君と東京へ向けて逃走!スマホはおっさんに取られちゃった。

この辺から見てて肩に力入ってたと思いますww

モモタローは連絡とってたスマホ警察に取られちゃったけどそのことはココネちゃんは知りません(´・ω・`)

神社で2人でお尻触ったらいけんよーって( ˘ω˘)スヤァするんですね。ここめちゃかわいい。モリオ君もかわいい。

 

 

( ˘ω˘)スヤァすると夢の世界へ。

ピーチではなくモリオ君とエンシェンちゃんがバイクでブーン。

夢の世界なのでトランスフォームするし飛べちゃいます。

 

 

起きたらなんでか大阪に。バイクが自動運転で大阪まで走ってたそうな!

ガス欠でガソリンスタンドへ。

ココネちゃんはモモタローにタブレットの身内SNSから今大阪!そっちはー?と送るんですね。

そしたら怪しげなひょろそうな男がチラチラ・・・お前チラチラ見てただろ、絶対見てたゾ

絶対こいつらタブレットの内容警察から送られて見て動いてる大臣の駒だろ・・・

バイクを自動運転で囮にします。バイクなくなっちゃったから新幹線で東京へ!

でもお金がない!どうしよーってSNS送信!あーあ、場所バレちゃうね。

そしたらなぜか新幹線のチケットが。怪しすぎんよー。魔法のタブレットだ!って騒いでる場合かよ!

新幹線でお弁当たべたい!って送信するとお弁当が出てくる始末。ココネちゃんもぐもぐ、モリオ君おかしいだろ・・・で箸が進まない。わかるよ、おかしいもの。

食べ終わって( ˘ω˘)スヤァ・・・

 

 

夢の世界。でも今までと違ってエンシェンではなくココネとして登場。

エンシェンちゃんの正体が!

 

 

現実へ。東京駅、降りた先でガソリンスタンドの怪しいひょろ男。

モリオ君、体を張りますが男は反おっさん組でSNSのメンバーとのこと。

お弁当とかこの人らのおかげ。エンシェンの正体には気づいていましたがこっちは全くわからずww

いい表現してんねぇ!!

 

 

 

だいぶ飛ばして終盤、大臣は思い通りにならなかったんで鬼を「炎上」させるんです。この描写、表現が非常に良い!

あとは映画館で見てくれよなー。

 

 

こっからは個人の考察っていうか解釈です。

 

 

 

 

まず鬼。銃みたいな大砲みたいなので撃たれた際の傷口。

食べた車がドロドロになって出てくるんです。

監督曰く 

 

 

私はその側面もありながら、過去の事故や自動運転実現までの犠牲になった車の集合体だと思いました。

だからこそ魔法(完成された自動運転)でないと倒せないんですね。

 

 

個人的に一番の見所だと思っている炎上のシーン。

あれまさしくTwitterですよね。一瞬で情報は広がって、良くも悪くも勢いよく拡散しつつ人々の気持ちに起伏を作る。

大臣そのものが燃えました。当然だよね、炎上した人はそうなります。

鬼を倒してもカラスがぶわーっと広がるの、あれは炎上した元がすみませんでしたとか消したりしても周りの人たちはまだまだ許せない!とかホラみたことか!って話題にし続けるんですよ。その描き方が素晴らしいと思ったんよね。

現実的でありながらファンタジーであり、壮大に、過大に書かれてるようでありのままである。感動です。

 

 

そして夢で決着をつけなかったこと。完成された自動運転車のハーツが人々の前に現れてココネちゃんを助ける。

これで自動運転が実現したこと。モモタローとおじいちゃんが話し合えること。オリンピックに自動運転車をお披露目できること。これで明るい未来に進めるんですね。

きっと夢の世界でもカラスも消えてることでしょう(*'ω'*)

 

あと桃太郎要素もありますね。桃太郎に絡めてモモタローが小さい頃のココネちゃんに話を聞かせてあげてたのかなぁっていう優しい感じもほっこりポイント。

 

こんな感じかな。

 

映画館で見るべき素晴らしい作品でした。

ぜひ見に行って、どうぞ!